‘The Page’ vol.11 is up

Monthly photojournal ‘The Page’ Vol. 11 is up. This issue features Libya, Congo, India…etc.

http://thepage.jp/detail/20140410-00000002-wordleaf

月刊フォトジャーナルThePageの第11号アップされました。今回はリビア、コンゴ、インドなどから。

http://thepage.jp/detail/20140410-00000002-wordleaf

no comments

The bridge laid by Facebook between India and Pakistan

Just came back from a short visit in Pakistan. It had been almost two years since my previous trip.

On the second day of the assignment in a rural town, strange weather suddenly hit. It was sunny with blue skies in the morning but as soon as I reached the destination, black clouds came rolling in and heavy rain started. Then, hail! I was totally caught by surprise and got soaking wet but the good thing was, it gave me better pictures than shooting under strong sunlight with high contrast.

Anyway, since the story I worked on hasn’t published and I can’t mention it in the blog yet, I would like to talk about a thing I came across a few nights ago.

One of my Pakistani friends forwarded me a link on Facebook. The link was to a page called ‘Pakistan, what the media doesn’t show you’ The page featured an eight-minute slide show of various images of Pakistan – beautiful landscapes, cultural scenes, sports events and some political stuff. Some of the landscapes are breathtaking and I was impressed by a Pakistan that I haven’t known. But what really caught my eye was a comment written by an Indian man who lives in the U.S. Under the slideshow, he just wrote “Respect- from India” and this short comment generated over 120 responses – almost all are positive and many are from Pakistani, thanking him like “Massive respect, man. Salute”, “respect and peace from Pakistan towards Indians like u”, “Thanks on behalf of Pakistan”…etc.

If the comment wasn’t written by an Indian person, I would guess it wouldn’t have generated so much reaction from Pakistanis. This is a good example of how Pakistanis constantly suffer from negative stereotypes, especially from Indians. In fact, I have heard countless bad remarks against Pakistan from various Indians – shopkeepers to college students, no matter what their educational level and economic status. India’s general perception toward Pakistan is quite bad and many of them see the country even as an enemy. Especially because India is the one victimized by terrorist attacks by Pakistani militants in most cases, not the other way around. Although Indians’ sentiments are understandable, the majority of them have never been in Pakistan or never had any personal experience with Pakistani people. I must say that they are just biased and believing the stereotyped image of Pakistan.

Anyway, because of constant ‘image harassment’ which Pakistanis suffer, occasionally when a thoughtful Indian person makes a decent positive remark, Pakistanis excitedly appreciate it, like in this Facebook page,

This reminded me about a recent phenomena of anti-Chinese and anti-Korean movement among a few people in Japan. Recently, demonstrations against Chinese and Koreans began to be held once in awhile and some youth publicly shout nasty hate-based slogans. I wonder how much knowledge of China and Korea those people have. I bet most of them are just manipulated by politically created negative images of Chinese and Koreans.

Although there are many controversies about Facebook, in this case, it laid a bridge between people in the both countries to help mutual understanding and respect. The exchanges in the page were heartwarming to read and I was really glad to find them.

Finally, while constant threats of terrorist attacks still exist, hospitality and warmth of the Pakistanis haven’t changed since my first visit to the country in 2010. I was happy about it.

~~~~

2年ぶりに訪れたパキスタンでの短い滞在から戻ってきた。

田舎部での撮影の2日目、おかしな天気に見舞われた。首都イスラマバードからの道中は青空だったのに、目的地に着いた途端黒雲が空を覆いはじめ、大粒の雨が降り出してきた。すぐに止むだろうと高を括っていると、なんと小粒の雹が混ざりだしたではないか!こんな天気などまったく予期していなかったので、雨具を車中においてきた僕はずぶ濡れに。不幸中の幸いだったのは、雨雲のおかげで写真が撮りやすくなったことだ。快晴の強い光ではコントラストが強すぎてなかなかいい写真をとるのは難しい。

今回の仕事の内容はクライアントの記事の発表前なのでまだ書けないが、数日前にパキスタン絡みでひとつ興味深いことに遭遇したので、紹介したい。

パキスタンの友人から、フェイスブックをとおしてあるウェブサイトのリンクが送られてきた。「メディアの伝えないパキスタン」と題されたそのページには8分程の写真スライドショーが載せられており、風景や町の景色、民族文化にスポーツイベントや政治的なものまで様々なパキスタンの写真が紹介されている。こんなところがあったのか、と息をのむほど美しい雪山や海岸のイメージもでてくるのだが、僕の目を引いたのはこのページに書き込まれたひとつのコメントだった。

「敬意を表して。インドより」北米に住むインド人の残したこの短い書き込みに対して、120以上もの反応が寄せられていたのだ。多くはパキスタン人からのもので、コメントに対する感謝を表したものだった。「大いなる敬意を君に。脱帽」、「君のようなインドの人々に、パキスタンから敬意と平和を」、「パキスタンを代表して、感謝します」などなど。

もしコメントがインド人によって書かれたものでなかったら、ここまで多くの反応はなかったと思う。これは、いかにパキスタン人が、特にインド人による、ステレオタイプの悪いイメージに辟易しているかのひとつのいい例だろう。僕自身もインドで生活するなか、これまで数えきれない程パキスタンに対する罵詈雑言を耳にしてきた。雑貨屋の店主から大学生まで、教育レベルに関係なく、多くのインド人達はパキスタンに対して悪いイメージ、ときには敵意さえも持っている。インド国内で、パキスタンからのイスラム過激派によるテロは頻繁におこるが、その逆はほとんどないので、インド人たちの気持ちもわからなくはない。ただ、そういったインド人たちのほとんどはパキスタンに行ったこともなく、現地人とつき合ったこともない人ばかりなので、自己の経験をもとにした悪意を持っているとは思えない。結局は他者に植え付けられた悪いイメージを鵜呑みにしているに過ぎないのだ。

いずれにしてもこういう現実なので、このフェイスブックのコメントのように、ときどき心あるインド人がパキスタンに対して好意的な意見を述べたりすると、それはパキスタン人たちにとっては相当喜ばしいことなのだろうと察するのは難しくない。

と、ここまで書いて、規模はまだ小さいものの、日本にも似たようなことが起こりつつあるなあと気づかされた。露骨に反中国や反韓国を唱える集会やネットへの書き込みだ。こうして中・韓人に敵意をむき出しにする彼らも、一体どれだけの当国のことを理解したうえで反発しているのか怪しいものだと思う。結局は政治的思惑により、他者によってつくられたイメージに踊らされているだけなんじゃないだろうか。

いろいろと物議の多いフェイスブックだが、今回はうまくインド・パキスタン両国の架け橋となったと思う 。コメント欄のやりとりは読んでいて心温まるものだったし、国境をもたないソーシャルメディアが、わずかながらも両国の友好に一役買った、といったところか。

 

 

no comments

‘The Page’ vol.10 is up

Monthly photojournal ‘The Page’ vol 10 is up now. Afghanistan, Iraq, Nigeria…etc. were featured.

http://thepage.jp/detail/20140311-00000012-wordleaf

〜〜〜〜

月刊フォトジャーナルThePageの第10号アップされました。今回はアフガン、イラク、ナイジェリアなどから。

http://thepage.jp/detail/20140311-00000012-wordleaf

no comments

Rich Folks Giving Back to Society

Just spent several days in Bangladesh to cover a couple of public health programs funded by Michael Bloomberg, former mayor of New York City. His foundation, Bloomberg Philanthropies, provides financial support to many programs in the field of environment, education, public health, arts and government innovation throughout the world.

In Bangladesh, his foundation gave $10 million to launch a program last week to provide community daycare and locally manufactured playpens to prevent drowning. Some 12,000 children die of drowning in the country every year, which is about 32 every day, mainly due to lack of supervision and an abundance of shallow pools especially in the countryside.

The foundation distributed $452 million in 2013. Mr. Bloomberg has said that he plans to give away pretty much all of his assets, worth about $31 billion currently, in his lifetime.

Charities like this remind me of the Bill & Melinda Gates Foundation. I simply think it’s great that these wealthy people give back some of their fortunes to help society while the majority of rich folk are only concerned about themselves and their families. I know there is some criticism of these charities but, hey, there is nothing perfect in this world and on the ground, I surely can witness many families and kids are benefiting from the programs. Also, it’s significant that Bloomberg and Gates use their own money, not like some NGOs which are always ask you to donate.

By the way, during my first visit to Bangladesh, I was quite fascinated by the chaotic traffic in the capital city Dhaka. After living in super-congested Mumbai for four years, bad traffic doesn’t surprise me anymore but the situation in Dhaka was just unmanageable. It was a total hassle to move around on a tight schedule while spending hours in the car stuck on the road. A few times, I saw ambulances get stuck in traffic and I was thinking that there must be many lives lost because the patient can’t make it to the hospital in time.

Mr. Bloomberg, as your next charity project, how about something to ease the traffic congestion or train more EMT persons who can effectively save lives on the spot?

〜〜〜〜

初めて訪れるバングラデッシュで数日を過ごした。ニューヨークシティの前市長であるマイケル・ブルームバーグの関わる公衆衛生関連事業の撮影のためだ。ビジネスニュース系のメディア会社を経営する彼は、多くの私財を慈善事業に費やしているが、そのチャリティーを組織化したものがブルームバーグ・フィラントロフィー。この組織は、ジョンズ・ホプキンス大学や世界保険機関(WHO)などと提携して世界中で活動をしており、環境、教育、公衆衛生やアートに及ぶまで、その内容は幅広い。

この組織が先月末、一千万ドル(約10億円)を寄付してバングラデッシュで子供の溺死防止のための事業を立ち上げた。溺死防止といってもピンと来ないかもしれないが、現在バングラデッシュでは毎年およそ1万2千人の子供達がため池や川などで溺れて命を落としている。これは一日あたり32人の割合だ。事故のほとんどは、ため池の多い農村部で親が目を離した隙におこるので、それを防ぐために保育所の設立、保母の育成、さらにプレイペンとよばれる幼児用の柵の製作を中心としたプログラムがつくられた。

ブルームバーグ・フィラントロフィーが昨年、世界各地のプログラムに寄付した総額は4.52億ドル(約460億円)。ブルームバーグ氏は推定300億ドル(3兆円)あるといわれる自らの財産を生前中にほとんどすべて寄付すると公言している。もう僕ごときの一小市民には感覚の追いつかない数字だ。

このような慈善事業といえば、ビルとメリンダ夫妻のゲイツ・ファンデーションが思い浮かべる人も多いだろう。いろいろと批判材料はあるものの、ほとんどの金持ちが自分自身や家族のことしか頭にないなかで、大富豪がこういうかたちで社会に貢献する行動には敬意を表したいと思う。現場の村人たちや子供達が恩恵を被っていることは動かし難い事実だし、他者からの募金なしでは運営できないNGOなどとは違って、彼らは自分の私財を投じているわけだから、なおさらだろう。

話は変わるが、今回初めて訪れたバングラデッシュの交通渋滞にはさすがにたまげた。密集都市ムンバイに4年住んで渋滞には慣れっこになっていたが、首都ダッカの混雑はもう救いがないほどだ。救急車が渋滞にはまって動けなくなるのも何度か目にしたが、これでは手遅れになって命を落とす患者も少なくないだろうな、などと憂慮してしまった。ブルームバーグ氏、次の慈善事業の案として、渋滞解消策とか、現場で救命できる救急隊員の大量育成などはいかがでしょうか?

 

 

 

no comments

Drifting young soul in Libya

A several days ago, I saw a modified car speeding and skidding on the road in Delhi at night. It reminded me of a scene I photographed in Libya. It was more than two years ago, while covering the anti-Qaddafi revolution. I was at a ‘drifting’ site in the eastern city of Benghazi.

White smoke rises as tires squeak on the tiled surface. Several tuned-up cars, from Daewoo to Toyota Corolla to BMW, were performing skids and spins at the plaza. ‘Drifting’ is a driving technique that makes cars skid. It’s a big show-off event and has apparently gained popularity among youth all over the world, though I never expected to see such entertainment in an Islamic country during wartime.

Benghazi was the largest anti-Qaddafi stronghold. The revolution began here and turned into a civil war. The fighting between Qaddafi’s government forces and rebels reached a tug-of-war state after the rebels gained Misrata, about 200km east of the capital Tripoli. By this time, Benghazi became relatively quiet and hundreds of mostly young men began gathering every Thursday night to see drifting.

Although security in the city was restored, fighting was still going on in the country elsewhere and the economy was suffering. The country’s unemployment rate was as high as 20 percent even before the revolution. Some young men took a gun and fought against Qaddafi’s army, but conflict in the city had passed. Many men had too much time and energy to kill. So, drifting became one of the very few forms of entertainment for them.

The burnt out barracks of Qaddafi’s army vaguely appeared in the darkness across the street from the plaza. It was only three months before that the barracks became a victorious symbol of the revolution as the government soldiers defected and people took it over. That was a very exciting time.
But that Thursday night in the plaza, loud base tones from car stereos and the hysteric squeals of brakes only echoed as if the screaming voices of hundreds of frustrated young souls.

〜〜〜〜

数日前、デリーの夜の路上で改造車が猛スピードでスリップしながら走っていくのに出くわしたが、それをみてリビアでのある光景を思いだした。もう2年以上も前のことになるけれど、反カダフィーの革命を取材中に、東部の町ベンガジで「ドリフティング」を撮る機会があったのだ。

タイヤの軋むかん高い音とともに、路面からもうもうと白煙があがる。韓国車のデーウーからカローラ、そしてBMWに至るまで、ベンガジ中心部にあるキッシュ広場では、何台ものチューンアップされた車が次々とスピンや急発進を繰り広げていた。ドリフティングとは、急ブレーキや急ハンドルなどを駆使して、派手に車を滑らせたりスピンさせるテクニック。実際にそれを使って走行するというより、いまや見物人の前でその技術をみせるショーのようになった。その人気は、近年若者達のあいだで世界中に広まっているというが、まさか戦時中のイスラム教の国でこんなエンターテーメントをみるとは思わなかった。

ベンガジは、反カダフィー派の本拠地。この町から起こったリビア革命の波は内戦へと発展したが、当時反カダフィー派が首都トリポリから200キロ程手前のミスラタを落としてから、戦闘は硬直状態に陥っていた。すでに戦闘が終わり比較的治安も安定していたベンガジでは、毎週木曜日の夜(イスラム教の祝日は金曜日)になると、何百人という若者達がドリフティング見物に集まるようになっていた。もともと内戦前から失業率が20パーセント前後と高い国だ。あるものは市民兵となって革命のために銃をとり政府軍と戦ったが、すでにこの町や近郊での戦闘は終わったいま、多くの若者たちは暇とエネルギーを持て余していたのだった。

通りを隔てたところには、すでに焼け跡となったカダフィー軍の駐屯地に残る崩れかけた建物が、闇のなかぼんやりと浮かび上がっていた。寝返った政府軍兵士たちがここを逃げ出し、反カダフィーの市民達によって焼き払われたこの場所が革命のシンボルになったのは、ほんの3ヶ月前ほどのことだ。多くの若者達にとって、心躍るエキサイティングな時だった。

 

 

no comments