Censored ’Anti-Japan’ Hollywood movie

Last night, I watched ‘Unbroken’, a movie directed by Angelina Jolie. The movie, made last year, has not been released in Japan because of threats made to theatres by right-wing conservatives claiming that it is ‘anti-Japan’.

The story is about an American prisoner of war, Louis Zamperini, who was captured by the Japanese and tortured in POW camps during WWII. The man, an Olympic athlete, drifted on the ocean for 47 days after his bomber jet went down, before being captured. His ‘unbroken’ spirit allowed him to survive unimaginable hardships and finally he is freed at the end of war. Despite the hostile and violent treatment in the camp, he eventually forgives the Japanese and returns to Japan to run as a flame bearer for Nagano Olympics in 1998. It’s not a documentary but the movie is pretty faithful to his real-life experience. Zamperini passed away last year at the age of 97.

It’s obvious that the people who accuse the movie of being ‘anti-Japan’ have not even watched it. It seems so clear that this is an ‘anti-war’ movie, not ‘anti-Japan’. Also, this movie makes you think about the meaning of ‘forgiveness’. Compared to the brutal killing, torturing and rape committed by Japanese soldiers in China and other Asian countries during the war, the violent scenes in the movie are nothing.  It’s not even close enough to make it ‘anti-Japan’ if it’s intended that way, I would say.

My worries are not about the right wingers making the fuss of the movie on the internet but about the current Japanese government lead by Prime Minister Abe, a super right winger although he is carefully not showing his true colors to the outside world. I strongly suspect Abe’s influence behind the decision not to release ‘Unbroken’

The movie has the potential to revitalize anti-war sentiment among the Japanese as they slowly forget the significance of their nation’s pacifist constitution – the result of Japan’s own trauma from the war, which culminated in the nuclear attacks on Hiroshima and Nagasaki. Abe is slowly eroding that by pushing revision to allow Japan to participate in armed conflicts and to recruit more youth into the armed forces.

It’s already said that Abe is interfering with the Japanese media to keep them under his control. It’s quite scary but now this ‘Unbroken’ incident can be seen as censorship of a foreign movie.

We, as Japanese, really need to keep an eye on what Abe is doing and take necessary action to stop his nationalist agenda and authoritarian tendencies. It will be too late to realize when we become a ‘prisoner of war’ like the American soldier in the movie. I don’t have ‘unbroken’ spirit to survive 47 days on the ocean and torture in prison…

(Photo: An Iraqi man detained by a U.S soldier in Baghdad on Sep 5, 2007, during a raid. Photo by Kuni Takahashi)

~~~~

昨夜、映画「アンブロークン(Unbroken)」を観た。

アンジェリーナ・ジョリー監督の作品だが、日本ではネトウヨが「反日映画だ」と騒ぎたて、いまのところ国内で上映の見通しのない作品だ。細かく内容を紹介するつもりはないが、簡単に言えばこんな話。

第二次世界大戦中、乗っていた飛行機が墜落し、海上で漂流することになった若き米兵。彼は陸上5000メートル走のオリンクピック選手でもあった。47日間漂流したあげく日本軍の捕虜となるが、彼は日本兵から幾多の拷問をうけ続けることになる。ようやく終戦を迎え彼が解放されるまでが本編として描かれるが、映画の最後部で、長年の精神的、肉体的トラウマの末、自分を苦しめた日本兵たちを「許し」、1998年の長野オリンピックでの聖火ランナーとして走る彼の姿が紹介される。映画としての脚色はあるにせよ、昨年97歳で亡くなったこの米兵は実在し、ストーリーはかなり忠実に事実に基づいている。

映画の中の拷問シーン程度で、これを「反日」とするなら、日本人も随分と器量が狭くなったものだと落胆するが、それどころか、「アンブロークン」を非難し騒ぎ立てている連中がこの映画をみていないのは明らかだ。

冷静な目で見れば、これは「反日」ではなく「反戦」映画だということがすぐわかるはず。そして、47日間もの漂流と収容所での拷問の数々にも屈しなかった一人の男の人生をとおして、「許すこと」の意味を問うた作品でもある。 だいたい実際に日本兵が中・韓をはじめとしたアジアの国々でおこなった拷問、殺人やレイプにくらべれば、ここで描かれる殴る蹴る程度の暴力など、ショッキングでもなんでもない。反日を意図したものなら、甘すぎるでしょう。

僕の懸念は、こんなネトウヨの事よりも、配給会社がこの映画公開をしない判断の影には、安倍政権の意向が反映しているんじゃないかということだ。

これからどんどん自衛官をリクルートし、憲法を改悪し、日本の武装化を推し進めたい安倍政権にとって、大戦中の軍国日本の負の記憶を蘇らせるこんな映画は、もってのほかなのだろう。せっかく現代の日本人たちが広島や長崎をはじめとした戦争の悲劇を、都合よく忘れかけてくれているというのに、万が一にもこの映画が国内でヒットするようなことになれば、9条改悪に対する国民の抵抗が大きくなるかもしれないし、自衛官希望者だって減ってしまうかも知れないのだから。

日本の報道メディアにも露骨に介入してきているといわれる安倍政権だが、ハリウッド映画までも「検閲」しはじめた、といっても考え過ぎではないと思う。怖い怖い…。日本社会がますます息苦しくなっていくようだ。

我々日本人も、しっかり安倍さんの挙動を監視し、逆に「検閲」するくらいの気構えがないと、この映画の主人公のように自分が敵国の捕虜になってから後悔しても手遅れだ。僕は47日間の漂流や、拷問に耐えるほどのアンブロークン(不屈)な精神は持ち合わせていない。

(写真:米兵に拘束されるイラク男性。戦場ではどんな理不尽もまかりとおる。バグダッド2007年)

 

no comments

The world’s largest animal sacrifice

Gadhimai festival is held every five years at a Hindu temple in Bariyapur, a rural village in southern Nepal, located about 20km from the Indian border. Hundreds of thousands well wishers visit the temple during the month-long festival to pray to Gadhimai, a Hindu goddess of power. I visited the festival during the busiest days of sacrifice.

At the beginning, it was a peaceful scene of several thousands of water buffaloes walking around a field surrounded by a high brick wall. Then suddenly a couple hundred men, holding long butcher knives, walked in and started beheading the buffaloes – one after another. The headless bodies collapsed down to the ground and blood sprayed out of their necks. It didn’t even take two hours before the field was filled with black corpses. It was a horrific scene what I have never seen before. Water buffaloes are not the only animals to be sacrificed. Pigeons, rats, hens, goats and pigs are also brutally killed to please the goddess. It’s said that over 200,000 animals were sacrificed during the festival by people who believe the power of goddess which can cure an illness or bring a good harvest.

The ritual at the temple is believed to have started in the 18th century. It’s facing increasing criticism in recent years. Despite campaigns held by local and international animal rights organizations to stop the merciless sacrifice, the temple has turned a deaf ear, saying “it’s tradition and we can’t stop it”.  However, many believe that financial profit is a big reason. The event is lucrative, attracting tourists and generating profits from selling the carcasses to meat and hide contractors. Also, for the rural villagers who have nothing to attract outsiders, the festival is something many locals feel proud of.

The number of buffaloes went down by almost half to around 4,000 since the last festival in 2009. It was somewhat of a victory of the tireless efforts of animal welfare organizations whose goal is to completely stop the animal sacrifice.

I don’t know whether it’s possible to have a Gadhimai festival without animal sacrifice but let’s hope that we may see it in the next festival in 2019.

~~~~

ネパール南部、インドとの国境から20キロ程離れた農村バリヤプールにある寺院で、5年に一度ひらかれるガディマイ祭。ガディマイとはヒンドゥー教の女神のひとつで、1ヶ月に及ぶ祭りの期間中、寺院は女神を詣でる数百万の人々でごった返す。もっとも賑わう「神への生贄日」に、祭りを訪れた。

高いレンガの壁で囲まれた広大な空き地に集められた水牛たちが、草を食みながらゆっくりと歩き回っている。ざっとみても2−3千頭はいるだろう。かなりの数だ。午前9時をまわった頃だったか、壁の入り口から入ってきた100人を超える男たちが、水牛たちの間を縫うように、広場に散らばっていった。彼らはみな刃渡り50センチ以上もあるナイフを手にしている。まもなく男たちは、ナイフを大きくふりあげ狙いをさだめると、片っ端から水牛の首を切り落としはじめた。頭を失った胴体は一瞬で地面に崩れ落ち、首から血が吹き出してくるのがみえる。2時間たらずで広場は黒い屍でびっしりと埋め尽くされ、僕の目の前にはこれまで見たこともなかった凄惨な光景が広がった。生贄にされるのは水牛だけではない。鳩、ネズミ、鶏、ヤギ、そして豚といった動物の新鮮な血を神に捧げることによって、人々は病からの回復や、豊作を願うのだ。祭りのあいだに殺される動物の数は、20万を超えるといわれる。

ガディマイ寺院の生贄の伝統は18世紀にはじまったといわれるが、この残酷ともいえる大量殺戮に対して、近年は批判が高まってきた。 生贄の中止を求めて欧米でもデモがひらかれるようになったが、寺院側は「これは伝統。やめることはできない」と、聞く耳をもたない。しかし、伝統だけではなく、経済的利益も大きな理由との声もある。

水牛の持ち主から徴収する「生贄代」や、殺戮後の肉や皮を業者に売る利益など、生贄は寺院にとって無視できない収入源だ。さらに、宿泊や飲食費など、祭りの期間中に訪れる数百万の人々による経済効果もかなりのものになる。田畑しかない田舎町では、5年に一度とはいえ、この祭りは観光客を呼ぶ大切なイベントだ。ガディマイ祭りを誇りに思っている地元民たちも決して少なくない。それでも、動物福祉組織をはじめとした地道な啓蒙活動も徐々に実を結び、殺された水牛の数はおよそ4千頭。前回の2009年に比べて半分近くまで減少した。

果たしてこの「悪しき伝統」をなくし、生贄なしのガディマイ祭りが実現するのか。次の2019年を期待しよう。

no comments

The Spread of ISIS threat

Recruitment of radical militant Islamic group, ISIS, has been spreading out all over the world. In Japan last month, a university student was investigated as he tried to travel to Syria to join ISIS. It’s said that thousands have already joined the ISIS from outside, including western countries, to fight.

India, which is home to over 180 million Muslims, is not an exception. I began noticing news reports several months ago about young Indian men fighting in Iraq or Syria with ISIS.

A little while ago, I visited Kalyan, a town on the outskirts of Mumbai with population of 1.2 million, which is the hometown of four of these youths who ran away to join ISIS. It was confirmed by their phone calls to the family in July that they were in fact fighting in Iraq.

“Why are you taking pictures? “,“Delete the images!” Because of lots of negative coverage already done by the local media, people in the town were not particularly friendly to me and many questions were thrown at to me while taking pictures on the street.

Typically, it’s assumed that uneducated youth from poor families get brainwashed into joining radical Islamic groups. But the four men from Kalyan were from middle-class and well-educated and included an engineer and the son of a doctor.

The grand ambition of the ISIS, which is to create a new Islamic caliphate across the Middle East, may be a big attraction to naïve young Muslims regardless of their education or social class.

In September, there was a report about two Indian Muslims who were working as ISIS recruiters on the Afghan-Pakistan border and somewhere in the Gulf states. It was revealed after testimonies by eight men who were detained as they were leaving Kolkata and Jaipur to join the group. It’s said that both recruiters used Facebook and Twitter to approach the youths.

The Indian government has been on high alert but it’s not an easy task to block the influence of growing international Islamic militancy in this borderless world connected through the internet. Unfortunately, we may have to see more waves of young people get manipulated and end up being on the desert with a gun.

~~~~

過激派武装組織「イスラム国」(ISIS)のリクルートの手が世界中に広がりつつある。先月、日本でも北大生の若者がシリアに渡り「イスラム国」に参加しようとして事情聴取されたが、すでに数千人がヨーロッパやアメリカなどの先進国から組織に加わったともいわれている。

僕の住むインドも例外ではない。なんといっても1億8千万ものムスリムを抱えるこの国だ。数ヶ月ほど前から、各地で家出をした若者たちが「イスラム国」の一員としてイラクやシリアで戦っているという報道が目につくようになった。

そんな若者達のうち、5月に行方をくらませた4人の故郷であるカラヤンを訪れた。インド西南部の港町ムンバイから50キロほど内陸にはいった人口120万程の町だ。7月にはいった若者達から家族への連絡で、彼らが「イスラム国」に加わりイラクで戦闘に参加していることが確認されたのだ。

すでに国内メディアによってかなりネガティブな報道がされていたので、町の人々は僕のような外部の人間に対してあまり友好的ではなかった。「なんで写真を撮ってるんだ!?」「撮ったものを消去しろ!」通りでカメラを構えていると、度々男達に絡まれた。

貧しくて教育を受けていない若者が、洗脳されて過激派にとりこまれる、という典型的な例とは異なり、カラヤン出身の4人はみな中流家庭の生まれで学歴もある。医者の息子やエンジニアも含まれていた。

中東全域にわたってカリフ制(イスラム国家の最高権威者)の壮大なイスラム帝国を再建するという「イスラム国」の野望が、学歴や社会的地位を問わずナイーブな若者たちを惹きつけているのかもしれない。

9月には、「イスラム国」に参加するためコルカタとジャイプールから出国しようとして逮捕された8人の若者たちの供述から、少なくとも2人のインド人ムスリムのリクルーターの存在が明らかになった。彼らはフェイスブックやツイッターなどを通して巧みに若者達に接触してきたという。

こんな若者達の「イスラム戦士化」の拡大に、インド政府は一段と神経を尖らせている。しかし、インターネットで繋がり、国境があってないような現代社会では、国際過激派の影響を防ぐことは至難の業だ。「イスラムの国」の巧妙な誘いに魅了され家をとびだし、挙句に砂漠で銃を手に戦う若者たちの数は増えていくことになるだろう。

no comments

Monthly photojournal The Page vol. 17 is up

Monthly photojournal The Page vol 17 is up. This issue’s theme is Afghanistan. http://thepage.jp/detail/20141016-00000003-wordleaf

月刊フォトジャーナルThePageの第17号アップされました。今月のテーマは「アフガニスタン」http://thepage.jp/detail/20141016-00000003-wordleaf

no comments

Bin Laden as a Hero?

A few months ago, I had the opportunity to visit Abbottabad in Pakistan. The town is where U.S. Navy SEALs killed Osama Bin Laden in 2011.The house has been demolished and only debris remain, like some kind of historical ruins. It’s said that Bin Laden was living in the house for several years before the Americans finally found him. Did the Pakistani government know Bin Laden was staying in the town? Why did the U.S. eliminate any physical evidence of Bin Laden’s death by dumping the corpse in the sea? Many questions still remain, which we probably won’t get answers to for a long time.

After talking to several Pakistani people ranging from farmers to a well-educated student in the city, one thing that struck me was how people have positive sentiments toward Bin Laden. Even westernized upper-middle-class man who tend to be sympathetic to Americans about the 9-11 attacks, labeled Bin Laden as a “rebel”(who stood up against the American empire) rather than a “terrorist.”

Although I try in my thoughts and stance to be as neutral as possible, as a photographer who lived in the U.S for almost 20 years and is still working for the Western media, I have to admit that I’m more influenced by the Western way of thinking. I covered the 9-11 attacks, which killed the father of one of my colleagues and the experience at the rubble-filled ground zero convinced me that Bin Laden was nothing but a twisted, violent terrorist. After 13 years, my thoughts toward Bin Laden still haven’t changed.

But while traveling different parts of the world for the last 20 years, I also have learnt that thoughts change when places change. There is no absolute value or ‘right or wrong’ which applies to everyone. My experience in Pakistan wasn’t an exception. For many Americans, Bin Laden is a cold-blooded terrorist but he can be a hero to Pakistanis or some other parts of the world.

A Palestine journalist who lives in Islamabad told me an interesting story. One night after the 9-11 attacks happened, he was having dinner with an American journalist friend. The American asked him how did he feel when he saw people jumping out of the falling towers. The Palestine answered.

“The same feeling as yours when you see a Palestine killed by Israelis”

What he meant was this – Life has the same value whether it’s an American’s or Palestinian’s but why do you only cry for Americans while supporting Israelis massacring Palestinians?

“The friend seemed quite upset hearing my answer,” the Palestinian said.

The American probably had never tried putting himself in the Palestinian’s shoe until then.

The U.S. has historically manipulated the governments of other countries – Vietnam, Nicaragua, El Salvador, to name a few – for America’s benefit. They sometimes tried to overturn governments or supported brutal dictatorships as long as it serves American interests. In recent years, the U.S. seems to have made many enemies in the Islamic countries as it has created a disastrous situation in the region after the failure of its military invasion in Iraq and Afghanistan. It opened up the opportunity for anti-American Islamic fundamentalists to grow drastically. Considering the circumstances, it’s understandable that many Pakistanis think of Bin Laden positively.

In the last weeks, two American journalists were executed in the worst way by the ISIS. No matter what is the reason behind it, these brutal and sick acts are not acceptable and forgiven. But the sad reality is that there are many people applauding on the other side of the world.

What appears to be right changes when the context – religious, ethnic or societal – changes. If people don’t recognize differences and keep opposing the values of others, the cycle of violence and hatred will continue.

~~~~

数ヶ月前、パキスタン北部のアボタバードを訪れた。2011年にオサマ・ビン・ラデンが米海軍特殊部隊によって殺害されるまで身を隠していたといわれる町だ。ビン・ラデンは何年もここに住んでいたというが、果たしてこのことをパキスタン政府は知らなかったのか?また、なぜ米軍はビン・ラデンの亡骸を海に捨て、彼を殺したという証拠を何も残さなかったのか?様々な疑問が彼の死を巡って残るが、恐らくこれに対する答えは、この先長い間明かされることはないだろう。

パキスタン滞在中、農民から大学生まで、異なった教育水準の人々の話を聞いてあらためて気づかされたのが、この国の人々の多くが、ビン・ラデンに対して好意的な印象を抱いていたということだ。学歴もあり、9—11同時多発テロに関してアメリカに同情的な人々でさえ、ビン・ラデンを「テロリスト」としてではなく、「レベル」すなわち「アメリカの帝国主義に対する抵抗者」と捉えているようだった。

アメリカに20年近く住み、インドに居を移した現在も欧米メディア相手に仕事をしている僕の感覚は、どうしても欧米よりになってしまうことは否めない。9—11テロでは当時働いていた新聞社の同僚の父親がこの事件で殺されたし、破壊され瓦礫と化したグラウンド・ゼロを目前に、ビン・ラデンに対して「偏狭な思考しか持てないテロリスト」のイメージしかもてなかった。そしてそれはいまでも変わることはない。

しかし、これまで様々な国の現場で仕事をしてきて、立場が変われば考えも変わるし、万人に共通な価値観や善悪などありえないということは体で学んできた。パキスタンでの経験もその例に洩れず、多くのアメリカ人たちにとって残虐なテロリストであるビン・ラデンも、立場の異なる人間にとっては、「英雄」にもなりうるわけだ。

パキスタンで知り合ったパレスチナ人ジャーナリストが印象深い話をしてくれた。9—11テロがおこってしばらくした頃、友人のアメリカ人を招いて食事をとっていたときのことだ。

「9−11のとき、崩れそうになっているビルから飛び降りる人々の姿をみて、君はどう感じた?」

アメリカ人の友人の問いに、彼はこう答えた。

「イスラエル軍によって次々と殺されるパレスチナ人をみて君が感じるのと、多分同じ気持ちさ」

このパレスチナ人が言いたかったのはこういうことだ。アメリカ人もパレスチナ人も命の重さは同じはず。それなのに、どうしてアメリカはイスラエルの暴挙には目をつぶり、9−11のことばかり嘆くのか?彼の答えをきいて、アメリカ人の友人は相当狼狽したという。おそらく彼は、それまでパレスチナ人の立場で物事を考えてみたことことがなかったのだろう。

ベトナムからニカラグア、サルバドルなど、アメリカは自らの国益のために多くの国の内政に干渉し、政権転覆を謀ったり、ときには独裁者の非道をも支援してきた。そんなアメリカの外交政策に抵抗感を持つ人は少ないないはずだ。近年においてはイラクやアフガニスタンへの理不尽な軍事侵攻の失敗によって、地域を混乱におとしめたことで、多くのイスラム国を敵にまわしてしまった感もある。これは、極端な反米を標榜する過激なイスラム主義者たちが増幅する下地をつくってしまった。こんな背景を考えれば、パキスタン人たちがその教育水準を問わず、 ビン・ラデンを肯定的に捉えているのも理解できる。

ここひと月のあいだに、イスラム過激派の「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」によって、二人のアメリカ人ジャーナリストが最悪のかたちで処刑された。どんな理由があろうとも許し難い非道ではあるが、悲しいことに世界の裏側では、この残虐な行為に拍手をおくっている人間たちが存在するのが現実なのだ。

異なる宗教間や社会風習、民族などその違いは様々だろうが、立場が変われば正義も変わる。その現実を踏まえずに、お互いが自らの価値観を押し付けようとしている限り、暴力と憎しみの連鎖は続くことになるだろう。

no comments