A/C sales and global warming

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - A/C sales and global warming
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

A little while ago, I had an opportunity to shoot for a very interesting story about global warming relating with growing air-conditioning consumption.

The NYT article is here but what the story basically saying is that although the Montreal Protocol in 1987 successfully regulated air-conditioning gases to eliminate damages to ozone layer, the new gases which replaced the old ones have been contributing to global warming over 2000 times more than does carbon dioxide. And the problem is that there are currently no available commercial ozone-friendly alternatives for air-conditioners that do not also have a strong global warming effect. Also, the conflict of interests between industrial nations and developing nations contributes the problem. The U.S and Europe are requesting that countries like China and India leapfrog current generation of coolants to prevent further warming. Those countries are of resisting since their air-conditioning sales have been up 20% a year.

Yes it’s tough issue. As a person who lives in super populated city like Mumbai, environmental concerns are always on my mind.  No matter if I like it or not, every single day I have to face mountains of garbage on the road, streams filled with shit and plastic, stinky air and constant news of newly found virus and diseases . It’s so crowded and people are literally everywhere you can think of. I am not a hard-core environmentalist at all but it really makes me worry about the future of the earth…and our life.

After all, the only solution would be that every country takes responsible steps and makes policies toward environmental improvement. Needless to say, so does each human being on the earth.  Yes it’s easy to say but challenging in reality and it needs to be done soon. We can’t afford just to waste anymore.

〜〜〜〜

少し前に、エアコンの普及と地球温暖化についての興味深い記事のための撮影をする機会があった。

ニューヨーク・タイムスに掲載された詳しい記事はこちらになるが、要約はこんなところだ。

大気中のオゾン層の破壊を食い止めるため、1987年に採択されたモントリオール議定書で、エアコンのガス規制がとり決められた。各国のこの努力は成功したが、皮肉なことに、規制されたガスの代わりに使用されてきた別のガスが、オゾン層には影響を及ぼさないにも関わらず、地球温暖化の要因になっている、というのだ。それも二酸化炭素の2千倍以上の悪影響だという。しかも、オゾン層保護と温暖化防止の両方に有用で、現在使用されているガスの代わりになるものは、いまのところないらしい。

さらに、先進国と途上国の利害対立もこの問題に拍車をかけている。欧米諸国は中国やインドなどの途上国に現存のエアコン生産を停止して、温暖化を防ぐ次のモデルへの移行を促しているが、当然のことながら反発にあっている。なんといっても中国・インドではエアコンの販売率が年間20パーセントの伸びなのだ。経済効果は大きい。

確かにこの記事に述べられているような問題の解決は易しくないと思う。しかし、この超過密都市ムンバイに住むようになってからというもの、環境問題は僕の頭から離れることがなくなってしまった。路上に積まれる大量の生ゴミの山、ポリ袋やプラゴミと人糞にまみれた小川、汚臭に新型のウィルスとか伝染病…。町中にはまともな寝床ももたない人間がいたるところに溢れかえっている。こんな環境で生活していると、環境保護主義者でもない僕でさえ、地球の未来、そして将来の人間生活というのものに不安を憶えずにはいられなくなってくるのだ。

結局のところ、唯一の解決策は、地球上のひとりひとりの人間、そして、各国政府が責任を持って環境改善の政策を推進していくことしかないのだろう。言うのは安し、だが、現実はそんなに単純ではない。だけど、やらなくてはならないでしょう。もう後がないんだから。

no comments

Your email is never published or shared. Required fields are marked *

*

*

There was an error submitting your comment. Please try again.